いまでは色んな形態のサービス業が登場するようになりました。好景気であった1980年代のバブル時代は、欲しいものは購入するというのが多くの方が抱いていた行動目標です。その証拠に今ではローンが当たり前となっている住宅でさえも飛ぶように売れていました。しかし、1990年代になると日本は先進国のなかでも非常に稀な不景気となり、多くの方が就職もできない事態となったわけです。

この時代から、欲しいものは買うと行動よりもレンタルをする流れへとシフトチェンジをしていくようになります。現在ではキャンプ用品から自動車、さらには洋服なども借りる方が多いほどです。一般的にサブスクと呼ばれており、毎月一定金額の費用を支払うことで自由に好きなものを選ぶことができます。需要があるサービスであり、これから起業をしようという方も多いことでしょう。

ここでは子供用のおもちゃのサブスクを始める方法をご紹介します。おもちゃのサブスクはまだあまり浸透をしていませんが、イギリスやフィンランドなどでは大手量販店がすでに開始をしました。おもちゃは対象年齢が明らかとなっており、それ以外の年代には不向きと見受けられるアイテムです。まさにサブスクに特化をしている商品で、今後は国内でも高い需要が見込めます。

必要な商品を買い揃えるのですが、まずは利用者に対してアンケートをとるのが先決です。そしてニーズが高い人気のおもちゃから揃えていけば、注目をされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です