おもちゃというと、どこのご家庭でも必ず購入をされたことがあるでしょう。赤ちゃんが生まれたらまずはぬいぐるみを用意し、そのあとは三輪車や知育玩具・さらには水鉄砲や変身グッズなどといろんなバリエーションで存在をしています。こどもの健やかな成長を促すことができ、親子で一緒に遊ばれる方が大半です。おもちゃは一種の消耗品とみることもできます。

それは対象年齢外となると興味を示さなくなり、使い道が一切閉ざされるからです。せっかく高いお金を出して買ったのに、捨てるのはもったいないと思われませんか。そして現代はエコロジーを重んじる時代となりました。おもちゃを生産するにはたくさんの石油を利用して電気で機械を動かさないといけません。

現代では限りある資源を守ることも必要です。そこで二つの目的を果たせるのが、サブスクというサービスです。サブスクとは定額料金レンタルのことを指すことばで、スウェーデンに起源を持っています。以前は家具や家電、洋服といった日用雑貨を対象にした貸与サービスでしたが、日本では2018年から大手玩具メーカーがサブスク形式を開始し出しました。

おもちゃはもちろんのこと、ベビー用品にまで裾野を広げており、現在では約200万人の会員を有するまでになりました。気に入ったアイテムがあれば買取りをおこなうこともできるのが魅力で、単なる貸与サービスとは言えません。環境にも優しくてお財布にも優しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です